ベストなタイミングで子供の成長を助ける

>

塾選びのコツとは?

結局どの時期がいいの?

傾向として、通塾にかかる費用を抑えるために中学から入塾させるという家庭が増えています。
中学3年の時期で約6割の中学生が塾に通っているというデータもあります。

本当のところ、早めに通塾するのに越したことはありません。
中学1年生からコツコツと週に1回授業を受け続けるのと、高校受験を控えた中学3年生になってから入塾し週に2、3回授業をいれるのとでは、効率の面からだけでなく子供の学力向上にも影響していきます。

これらのことから、おすすめの時期は中学1年生になる年の2~3月です。
早期にスタートできるだけでなく、授業も新年度から受けることができてお得です。
もちろん、金銭的な余裕が無いという場合もあるかと思います。
その場合は、遅くとも中学2年生の2~3月には入塾するつもりでいると良いかもしれません。

子供に合った塾を選ぼう

いくら親が気に入ったとしても、実際に通う子供が頑張ろうと思えるところでなくては意味がありません。
塾に行くのが嫌でさぼってしまったり、行ったとしても寝たり遊んだりして全く勉強に身が入らない子供も中にはいます。
そういったときに大きな原因として考えられるのは、子供のやる気だけではなく、やる気を出せる環境になっていないことが考えられます。

親は、子供に合う塾を一緒に選んであげる方が良いかもしれません。
体験授業などで雰囲気を見てから、しっかり子供と話し合いましょう。
些細なことも聞いてあげることで、その子にとって勉強を頑張るきっかけが見えてくるかもしれません。

周りの子供たちの親やネットなどの口コミ、実際に行ってみて体験授業を受けるなど、様々な方法で情報を集め、子供にぴったりの塾を見つけてあげましょう。


この記事をシェアする